【Day】激ハマリ中のためMoEどころではない

Mount & Blade
http://www.taleworlds.com/

マウント&ブレードにはまってます。
中世の地中海周辺国をモチーフにした架空の大陸を部隊にしたアクションゲーム。
アクションゲームと一口にいっても、ボタンをぽちぽち押して派手な技をだしていって
敵を倒していくような無双ゲームとは違い、やり方次第で戦争は派手にも地味にもなる。

プレイヤーは必ずしも自分が戦える立場にある必要がないのがこのゲームの味噌だ。
(とはいえやっぱり戦えるのは楽しいものだけど)
また、交戦シーン以外では信長の野望を彷彿とさせるようなストラテジー要素もあり、
各地の戦況、交易、貧富は刻々と変化していく。




Mount & Blade / 4Gamer.net review
http://www.4gamer.net/games/047/G004741/

Mount & Blade / 交戦シーン動画
http://zoome.jp/areigai/diary/8


交戦シーンでもストラテジー的要素があり、歩兵や弓兵、騎兵にうまく指示を出すことで戦況は大きく変化する。
例えば平地では圧倒的に強い騎兵でも傾斜のきついところや浅瀬ではそのスピードをいかすことができない。
その性質を利用して、歩兵を傾斜の高い位置に停滞させて騎士の突撃を盾で押さえ込む戦術や、
または長槍部隊を前に置き、馬の突撃を逆に利用する戦い方も実現できる。
逆に、歩兵をまっすぐ前進させつつ、騎兵を敵のうしろに移動させて挟み込むというような戦い方もできるのだ。

そういったマップ戦術以外にもからんでくるのが、密着したときや離れたときによって武器を選ぶ要素だ。
長槍をもった兵隊が、スピードものせずに密着した状態で槍を突き出したところで、
あまりダメージを出すことはできないし、それどころかそもそもうまく攻撃をあてることもできない。
これは得物が長いので、先端部分より懐に入られてしまうともう何もできなくなってしまうからだ。
[PR]
by taneltu | 2009-07-20 08:12 | Day
←menuへ