【Day】DeamCast名作 SEVENS CROSS

第三次世界大戦でどんな兵器が使われるか解らないが、第四次世界大戦は棍棒と石器が使われるだろう


7:28
再生:1,886
コメント:291
マイリスト:11
2008-01-07 14:50
[DC] セブンスクロス プレイ動画 part1
人により評価の分かれるセ(ブンス)クロス。開始直後が最難関というゲームバランスが 生存競争の厳しさを教えてくれます。part2->sm1980147



ふと思い出したので検索してエントリー。
まずは上のリンクをクリックして、動画をみないでも音楽だけ聴きながら読んでいただければ幸い。
(個人的には結構音楽が好きだったので。)

Amazonの価格を見てもらえばわかるように、いわゆるクソゲーなんですが
我慢してプレイすると最後で目から鱗が落ちる良ゲーです。

どんなゲームなのかというと、単細胞からスタートして、ゲームの売りである
進化なんちゃらシステムという6色の色を25x25くらいのマスにうめていくことで
次々と新しい生命体へと進化していきましょうっていうゲーム。
ゲーム性は最悪で、一応ARPG?敵と自キャラを触れ合わせて、あとは死なないように
ヒール魔法を使いながら見てるだけ~って感じ。







・・・確か説明書には操作方法と、ゲームの背景、あとは売りになっている進化システムの解説が書いてあったきがする。


結局どういうゲームなのかというと、
核戦争で壊滅した地球の再生物語っていうことなんだけど、
壊滅してわずかに生き残った人類は、
宇宙に逃げて地球の自然浄化を待つよ派[穏健派] と
地球に残って自らを進化させるよ派[過激派] にわかれる。
プレイヤーは、過激派が生み出した汚染された地球に耐えられる
新人類になるための元となる生き物であり、
説明書や、ゲーム開始時点ではそれらの情報がまったくない状態ではじまる。

「へぇ、形状記憶なんとかっちゅうシステムで模様を書いてパーツを作ればいいのね」
っていうゲームのシステムだけを与えられる。
これはようするに、最初の単細胞が与えられる生存本能のようなものなんだろう。
そしてゲームをすすめて、哺乳類に近い存在になったころ
徐々に人類の思惑が明らかになっていくのだが、最終的には
「なるほど、ひょっとしたら今の人類にこういう過程があったとしても面白い」と思えるのだ。
[PR]
by taneltu | 2009-03-13 19:04 | Day
←menuへ